?

生産効率上昇やコストダウンなどさまざまな恩恵をもたらす離型剤

一斗缶

ワックス系より使いやすいのはフッ素コート剤の離型剤

車のタイヤ

製品を作るための成形作業には、金型を使うものがあります。大量生産を行うために、ゴムやシリコン、プラスチックの素材を成形するときに便利です。金型から成形した製品を取り出す時には、素材が型に引っ付かないように離型剤を使用します。離型剤は、引火性があるものは使用しないように注意します。離型剤に引火性の液体を選ぶと、法律で危険物として規制がかかることがあります。フッ素コートは、引火性のない不燃性溶剤のため、作業場の安全に使うことができます。
離型剤には、ワックス系とフッ素系があります。フッ素系離型剤の方が使いやすく、薄い塗膜で綺麗に成形できます。ワックス系は、成形した物に離型剤が転移することが多く、塗膜に厚みがあるので取り扱いが難しくなります。素材や型によっては扱いにくく、向いていないものもあります。
フッ素系離型剤は、素材を選ばず幅広く使用できるタイプです。非粘着性に優れています。成形した製品は、デザインがあるものや薄いものでも、綺麗に金型から剥離できます。撥油性の効果は、金型が汚れにくく、手入れが簡単になります。
フッ素コート剤の離型剤の方が、ワックス系よりも効果が長持ちします。離型剤を使うときは、フッ素コートがおすすめです。

contents

スプレー缶

フッ素タイプの離型剤の用途は幅広い

フッ素コートができる離型剤は、プラスチック製品の金型射出成型だけと考えていませんか?鉱物油や化学合成油、化学物質が含まれる離型剤は食品用に用いることができ…

半導体

金型の離型剤としてはフッ素タイプがおすすめ

ごく一部の例外を除いてはゴム製品やプラスチック製品といったものは金型を用いて製造されています。あらかじめ規格に合った金型を準備しておけばそこに原料を流し込…

スマートフォン

フッ素コートは型から取り出しやすく製品の汚れを防ぐ効果がある

フッ素コートである離型剤は、フッ素の特徴を生かすことができます。強力なフッ素は隣の原子と結合するという特徴があります。どんなものを近づけても結合が取れるこ…

車のタイヤ

ワックス系より使いやすいのはフッ素コート剤の離型剤

製品を作るための成形作業には、金型を使うものがあります。大量生産を行うために、ゴムやシリコン、プラスチックの素材を成形するときに便利です。金型から成形した…