?

生産効率上昇やコストダウンなどさまざまな恩恵をもたらす離型剤

一斗缶

製造工程で使える離型剤を探しているならフッ素系を選択しよう

製造現場で使用する離型剤は、手軽に塗布できるかどうかが重要です。特殊な技能を有することがない、専用の離型剤塗布器具が不要などスキル面や費用面、時間面を考慮することがポイントです。
これらの条件を兼ね備えた離型剤としてフッ素コート系のものがあります。フッ素コート離型剤は、スプレータイプから水で手軽に希釈してしようできるものなど、離型剤を金型や加工冶具に塗布する際には塗り斑を防げるうえ、化学的に表面にフッ素コート層が形成されるため、さまざまな科学的な特性を選られ、生産効率の向上や品質向上といった恩恵を受けることができます。
しかし、製造現場で簡単に塗布できるという要素はこれらの要素だけではありません、次の工程において離型剤が作業効率の低下につながらないかどうかも検討する必要があります。
製品や部品表面に離型剤が残留し二次加工の効率が低下、不良率の増加といったことも防ぐ必要があります。ですが、フッ素コート系離型剤はワックス系の離型剤とは異なり、金型から離型剤が転写し二次加工への影響は最小限に留めることができます。離型剤の除去のために、洗浄工程を設けることがなくなり、製造現場において全体効率化と全体の原価低減にもフッ素コート離型剤は恩恵を与えてくれます。『簡単に塗布できる=使い易い』という限定的な作業だけでなく、工場全体で使い易い離型剤を選んでみましょう。

フッ素成分入りの離型剤で金型の保護性能が向上!

金型は高温高圧で樹脂成型を行うため、変形や摩耗といった劣化リスクを伴います。しかし、樹脂材料の中には塩化ビニルや酢酸ビニル(いわゆるEVA)は腐食性があり、金型にダメージを与えてしまいます。しかし、フッ素コートなら金型の保護そして離型剤としての効果があり、金型の腐食防止だけでなく生産性の向上が期待できます。
フッ素コートは、金属表面にフッ素樹脂もしくはフッ素化合物により被膜を形成します。フッ素は滑り性が良いだけでなく、樹脂が金属表面にへばり付くことを防止してくれます。また、フッ素コートは撥水性も有しており、金型に付着した樹脂のカスを除去するため水洗いしても、水分が残り、金型を腐食させてしまうといったリスクを軽減してくれます。さらに、離型剤を使用する都度塗布するといったことも軽減することができ、製造工程においては離型剤の塗布作業による生産性の低下を防ぐことができます。
そのほか、フッ素コートタイプの離型剤は金型を製作する際に焼成処理するといったもの以外に、塗布することで金属表面に被膜を形成するタイプのものも多く、既存尾金型にフッ素コートを導入することもできます。さらに日々のメンテナンスにフッ素コートタイプの離型剤を用いることで、金型の表面に保護層が形成され、金型の寿命を延命できるなどコスト低減にもメリットが生じます。

工場で押出加工を行っているならフッ素離型剤が役に立つ

製造工程において、数多くの材料や製品の押出加工を行うのであれば、離型剤にはフッ素コートタイプ、そして手軽にスプレー塗布ができるものがおすすめです。押出加工を行う金属冶具を専門業者に依頼してフッ素コートを行うと費用だけでなく、納期も掛かります。しかし、最近では離型剤でフッ素コートを手軽に行えるスプレータイプのものも多く、フッ素コート加工のために、生産工程を計画停止したり予備品を大量に確保する必要がなくなっています。
スプレー型のフッ素コート離型剤の場合、金属冶具にスプレー塗布することでその都度フッ素コート被膜が形成されていきます。そのため、フッ素コート被膜は離型剤を塗布するたびに強化され、樹脂材料の剥離性や清掃効率の向上に繋がります。特に手軽にスプレーができ、熱が加わることでフッ素コート被膜が安定する離型剤なら、離型剤が定着するまで乾燥保管するといった無駄も無くなります。
近年では、製造工程において多品種少量生産が増えています。金属冶具に付着し、炭化する樹脂材料を効率よく清掃除去したいというのであれば、フッ素コートタイプの離型剤導入してみてください。水に希釈して使用できる離型剤もあり、生産工程におけるコストアップを抑えられるものもあります。


フロロテクノロジーの離型剤はナノオーダーの微細形状も忠実に再現可能!
離型膜が10ナノメーター以下なのでナノメーターからミクロンレベルの微細な表面形状を忠実に再現することができます。

contents

スプレー缶

フッ素タイプの離型剤の用途は幅広い

フッ素コートができる離型剤は、プラスチック製品の金型射出成型だけと考えていませんか?鉱物油や化学合成油、化学物質が含まれる離型剤は食品用に用いることができ…

半導体

金型の離型剤としてはフッ素タイプがおすすめ

ごく一部の例外を除いてはゴム製品やプラスチック製品といったものは金型を用いて製造されています。あらかじめ規格に合った金型を準備しておけばそこに原料を流し込…

スマートフォン

フッ素コートは型から取り出しやすく製品の汚れを防ぐ効果がある

フッ素コートである離型剤は、フッ素の特徴を生かすことができます。強力なフッ素は隣の原子と結合するという特徴があります。どんなものを近づけても結合が取れるこ…

車のタイヤ

ワックス系より使いやすいのはフッ素コート剤の離型剤

製品を作るための成形作業には、金型を使うものがあります。大量生産を行うために、ゴムやシリコン、プラスチックの素材を成形するときに便利です。金型から成形した…